リザベリン

Pocket

リザベリン

男性の強い味方となってくれる精力サプリメントのリザベリンは、3種類の錠剤それぞれに違った栄養成分が凝縮されています。
より濃厚な成分が体内に入るように、1粒ずつに栄養分を分散しているでしょう。
ではリザベリンの3種類のうち、TYPE1の錠剤に入っている有効成分とはどのような成分が凝縮されているのでしょうか?

TYPE1には主に必須アミノ酸と言われる生命維持に必要な成分のほか、ハーブなどの鎮静効果や肉体を作るのに必要な成分が配合されているでしょう。
その中でもアミノ酸はサプリメントでは良く使用されていますが、リザベリンにはさらに複数の成分が配合されています。
まず注目したい成分としてはコンドロイチン硫酸ナトリウムという成分で、なかなか聞きなれない成分でしょう。
コンドロイチン硫酸ナトリウムは主にサメなどの魚類の軟骨から抽出し、ヒアルロン酸に似たムコ多糖類の一種なのです。
身体においての主な役割としては軟骨や骨の骨格形成に必要だったり、血管膜やリンパ管などの組織結合をする際にもタンパク質と合わさり編成されるでしょう。
コンドロイチン硫酸ナトリウムは身体の組織編成には必要不可欠な成分で、不足すると脆い身体になります。
このムコ多糖類が減少するとタンパク質と上手く結合ができず、組織の再生ができなくなるでしょう。
結果として肌にシワが増えたり血管の潤いや柔軟性が失われ、身体全体に栄養の源でもある血液を上手く循環ができないのでしっかり補給しましょう。

さらにTYPE1に配合されているので特徴的なのが、カモミールやホワイトウィローなどのハーブが使用されているところでしょう。
カモミールやホワイトウィローなどの成分には神経の昂ぶりを抑える鎮静効果があり、ついついカッとなってしまう気持ちを抑制します。
これらのハーブには消化機能の改善効果が期待でき、胃酸の分泌を正常に戻してくれるでしょう。
また胃腸の調子が良くなれば女性との食事で男らしく食事ができるので、日頃から胃腸の調子を整えておきましょう。
他にも抗炎症作用や解熱、解毒作用もありますので体内の毒素を体外へ排泄する手助けをしてくれます。
体調が優れない場合なども熱を下げたり、炎症を抑える効果も期待できるでしょう。
またリザベリンに配合されているバナバも便秘改善効果の他にも、血糖値を下げて免疫力を上げる効果があるので体質改善に期待できます。

リザベリンのTYPE1の錠剤にはアミノ酸の他にも、組織を作るムコ多糖類やハーブが多く使われています。
体質を作り変えるだけでなく、今の身体の負担を軽減し改善する効果がTYPE1には配合されていると言えるでしょう。